もも花だよりは今月よりスタートする院内配布のかわら版です
こちらでは内容のみご案内します

もも花だより10月号

『もも花』とは、ご来院になっているあなた様のことです。ももヒーリングオフィスでは、頑張る女性の皆様を花にたとえ、百花繚乱の社会をビジョンに掲げています。『したい』を『できる』にするサポートをし、ご活躍を応援してまいります!

 

【旬の食材はくすりになる】

朝晩の気温がグッと下がるようになり、実りの秋の到来です。高麗は栗が有名ですね。もう旬のものを召し上がりましたか?

先日、もも花さんから煮た小豆を戴きました。砂糖を入れずに煮てあり、返って小豆本来の甘みと香りを感じとても美味しかったです!粒が割れずにきれいに炊けていて、私のような無精者には難しいだろうと思ったら、16時間水に浸し炊飯器で炊いただけなのだとか。これなら私にもできそうです♪

小豆は栄養価が高く薬膳には欠かせない食品です。栄養素を調べるとキリ無く出て来るほど。それら栄養素の効能は、むくみ解消、疲労回復、便秘解消、生活習慣病予防、美肌にダイエット…女性には嬉しいことづくめです。あ!くれぐれも、あんこにしてはいけませんよ!あんこにする時は少なめに(^_-)-☆

 

【ももヒーリングのコロナ対策】

そろそろ秋の再来を恐れられているコロナ対策への危機意識も高まって参りました。当院では引き続き、マスク着用と手のアルコール消毒を皆様にお願いするほか、玄関での検温も実施することに致しました。何卒ご協力お願い申し上げます。院内衛生としましては、今までベットや備品の使用ごとの消毒と常時換気をしておりました。10月より、気温の低下に伴い常時換気を、ご来院者様入れ替わりごとの換気と、99・9%除菌力のある空気清浄機の常時使用に替えさせて戴きます。皆様に安心してお越し戴ける環境を作ってまいりますので、ご要望などある際には是非お聞かせくださいませ。

 

今月のもも花さん

このコーナーでは、輝くもも花さんの紹介をします

今月は飯能市のネイリスト MKさん です(^^)

コンプレックスがある爪ほどきれいにしてあげたい

とても美人さんなのに全く気取るところがなく、いつも本質を見ている。そんなクールビューティ―な彼女は、小学生になる女の子のママでもあります。20代のころから出産前まで東京のジェルネイル有名店にお勤めで、店長も任されていたほどの実力の持ち主。現在はご自宅でジェルネイルサロンを経営して主婦業と両輪で頑張っています。

ネイルアートの世界は幅が広く、デザイン性が高くコンテストで映える分野もあるそうなのですが、MKさんが手がけるジェルネイルは、あくまで『主役はあなた』というスタンス。ネイルが目立ってしまうのではなく、ご本人を引き立てるためのネイルというところに軸を置くMKさんの価値観が、私はとても素敵だなぁと感じます。

ネイリストとしてやりがいを感じるところを訪ねてみると、『最初は、こんな手…と言ってご自身の手に自信がなかった方が、お爪をきれいにすることで、ご自身の手を眺めるようになり、ハンドクリームなどでお手入れするようになる。これをきっかけに、やがてはご自身を大切にすることにつながっていくときがたまらない。』と言います。このお話に深く共感するとともに、私もハンドクリームをすり込みました(笑)

お勤め時代にあった通勤電車での出来事も話してくれました。乗車中の電車が揺れ、隣の女性がドアに手をついたのですが…自分の手の爪にハッとしたのか、すぐに指を丸めたのだそうです。このことにMKさんが気付いた時、とても心が痛かったと言います。『コンプレックスがある爪ほど、きれいにしてあげたい』エピソードを通じてそう語るMKさん。お仕事の核心に触れたように感じました。

MKさんの手によって生まれるのは美しい爪だけでなく『自信にあふれた生活』かもしれません。彼女の魅力を再確認しました!お客様を輝かせるMKさん。私もMKさんがより素敵に輝いていかれるよう治療を通してサポートさせて頂きます♪   記事:八巻